トップページ > 工法概要

工法概要

概要

枝状のコンクリート二次製品「ブランチブロック」をハニカム状に組み合わせ、 その隙間に石を詰めて一体化する擁護工法です。
河川護岸及び法面の崩壊を防止、経済的で短期施工が可能な優良新技術です。

特徴

  • 自然石とコンクリート製品によって一体化された堅固な石積もたれ式擁壁
  • 曲線施工・天端の高さ変化や法勾配等、様々な現場の形状に対応可能
  • 基礎・胴込めコンクリート等の生コンクリートが不要
  • 施工スピードが極めて速く、短期間での施工が可能で、変更経済性で優位
  • 石の隙間に植物が育ち、生物が生息して自然環境・生態系の保全が可能   

応用

  • 現場発生材(石、岩ズリ)、再生資材(コンクリート・瓦・レンガ等)の利用が可能
  • 河川護岸では表面の凹凸が流速を抑制し、発生過流が基礎の洗掘崩壊を防止
  • 津波緊急避難用の高台の構築や山岳地の砂防構造物への適用が可能
ページトップへ戻る

施工手順

施工手順は写真@からBに示す通りです。以下の繰り返しで順次擁壁を構築します。

  1. ブランチブロックの据え付け
  2. 前面石の設置
  3. 中詰石の投入
  4. 次段の施工
@据付状況 A中詰状況
施工手順1 施工手順2
Bブランチブロック設置状況 C完了全景
施工手順3 施工手順4
ページトップへ戻る

設計

設計はブランチブロック工法協会が作成した設計マニュアルに準じて設計します。

道路土工擁壁工指針(もたれ式擁壁)

   
ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 2014 ブランチブロック工法協会 All Rights Reserved.